薄毛のQ&A

  • TOP
  • 薄毛のQ&A
  • 薄毛になりやすい人って?

薄毛になりやすい人って?

薄毛になりやすい人には以下のような共通点があります。
仮に1つでも該当するものがあるなら気をつけないといけません。

肉ばかり食べている

魚や野菜を食べずに肉ばかり食べている人も多いと思います。
肉は皮脂の分泌を促し、毛穴を詰まらす原因になります。
食べてもいいですが、食べ過ぎには注意しましょう。
栄養バランスも考えて肉だけではなく、魚や野菜もしっかりと食べてください。
糖分の多い食べ物も皮脂の分泌を促してしまうので、お菓子の食べ過ぎもNGです。

帽子を被っている時間が長い

帽子を被っている人はハゲやすいといわれていますが、あながち間違ってはいません。
長時間帽子を被っていると頭皮が蒸れてしまうので、雑菌が繁殖しやすいです。
これが原因で抜け毛が増えることもあるため、長時間帽子を被るのはおすすめできません。
被らないと駄目な人は毎日きちんと洗髪をして、清潔な状態を保つようにしてください。

睡眠時間が短い

髪は寝ている時に成長します。
睡眠時間が短いと髪の成長に悪影響を与えてしまうので、
夜更かしをせずに早めに寝るようにしましょう。
成長ホルモンの分泌が活発になる夜10時から深夜2時の間に寝るのが
理想だといわれています。
寝つきが悪い場合、寝る前にストレッチをしてみてください。
すると手足の冷えが改善され、寝つきが良くなります。

タバコを吸う

禁煙ブームということもあり、喫煙者は減少しているようですが、
どうしても止められない人もいるでしょう。
しかし、薄毛を改善したいのであれば意地でも禁煙をしてください。
タバコは髪に与える影響が非常に大きいです。
タバコを吸うと血液の流れが悪くなって、
髪の成長に必要な栄養を頭皮に運ぶことができなくなります。
さらにAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンを増やしたり、
髪の成長に欠かせないビタミンを奪ってしまいます。
髪に全くいい影響を与えないので、抜け毛を減らしたいなら早くやめましょう。

お酒が大好き

お酒が好きで毎日飲んでいる人もいると思います。
適量なら問題ないですが、飲み過ぎてしまうと抜け毛の原因になります。
大量にアルコールを飲むと肝機能が低下して、
髪の生成に必要なタンパク質を作ることができません。
また、ビタミンBが大量に消費され、皮脂の過剰分泌を起こします。

親が薄毛

薄毛は遺伝するといわれていますが、これは本当のことです。
25%の確率で遺伝するといわれているので、親が薄毛の場合、
早めに薄毛対策を始めてください。
ただ、あくまでも遺伝するのは薄毛になりやすい体質です。
遺伝しても生活習慣や食生活に注意していれば、防ぐことはできます。

「薄毛のQ&A」の他の記事へのリンク:

どうして髪が抜けるの? 薄毛にも種類がある?| 薄毛になりやすい人って?|

ページの先頭へ戻る