薄毛治療院の基礎知識

  • TOP
  • 薄毛治療院の基礎知識
  • 治療方法の種類

治療方法の種類

「薄毛治療院に行きたいけどどんなことをされるのか不安・・・」
という人も多いのではないでしょうか?
安心して治療を受けるためにもどんな治療方法を受けることになるのか
前もって知っておきましょう。
一般的に行われている治療方法は次の通りです。

薬物療法

AGA治療としてよく用いられるのが薬物療法です。
男性ホルモンの分泌を抑制するフィナステリド(プロペシア)や
血行改善効果のあるミノキシジルを処方するところが多いです。
基本的にAGAの場合、この2つの薬を服用することで改善できます。
内服薬だけではなく、ミノキシジル配合の外用薬を処方されることもあるでしょう。

薬物療法の場合、効果が出るまで時間がかかります。
飲めばすぐに薄毛が治るわけではなく、数ヶ月飲み続けないとAGAは改善できません。
用量用法を守って、毎日飲み続けることが大切です。

育毛メソセラピー

薄毛治療で最近注目されているのが育毛メソセラピーです。
育毛メソセラピーとは頭皮にフィナステリドやミノキシジル、成長因子複合体、
ヒアルロン酸などを注射器で直接注入して、薄毛を改善するという治療方法です。
内服薬を使用したAGA治療が一般的ですが、育毛メソセラピーと併用することにより、
短期間で薄毛を改善できます。
早ければ半年ほどで劇的に髪のボリュームが増えます。
さらに副作用も少なく、体への負担も少ないというメリットもあります。

しかし、問題が2つあります。
1つは費用に開きがある点です。
健康保険が適用されないため、他の施術と同様、費用は全て自己負担となります。
一回の施術にかかる費用は安くて15,000円、高いところだと70,000円以上
かかる場合もあり、どこで行うのかが非常に重要です。
安いところを選び、短期間で改善できれば、
薬物療法よりも費用を抑えられるかもしれません。

もう1つの問題点は痛みです。
注射器を頭皮に刺すため、痛みを伴います。
この痛みのせいで通うのが嫌になる人も少なくありません。
ただ、最近では注射器を使用せずに行えるところも増えてきています。

自毛植毛

薬物療法や育毛メソセラピーを行ってもAGAが改善しない部分があります。
その部分を改善したい時やさらに効果を高めたい時に使用されるのが自毛植毛です。
自毛植毛とは自分の側頭部や後頭部の毛髪を気になる部分に移植する方法です。
人工植毛だと不自然に感じることがありますが、
自毛植毛の場合は自然な仕上がりになります。
また、自分の髪を使用するので拒絶反応がないですし、
メンテナンスも不要なので増毛などに比べるとお金も手間もかかりません。

自毛植毛はメリットが多い治療法ですが、
自分の髪を使用するため本数に制限があるというデメリットがあります。
手術にかかる費用が高額、傷跡が残るかもしれないと
いった問題もあるので、よく考えてから受けてください。

「薄毛治療院の基礎知識」の他の記事へのリンク:

| 治療方法の種類| トラブルや副作用薄毛治療の流れ

ページの先頭へ戻る