薄毛の原因

  • TOP
  • 薄毛の原因
  • 生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは抜け毛を増やし、薄毛を引き起こすので注意しないといけません。
たとえば、以下のような生活を送っている人は薄毛になりやすいです。

睡眠不足

薄毛と深く関係しているのが睡眠です。
髪の毛は成長ホルモンが分泌されることで成長します。
よって、元気な髪を作るためには成長ホルモンをたくさん分泌させないといけません。
1日の中で最も成長ホルモンの分泌が盛んなのは寝ている時です。
特に夜10時から深夜2時の間にたくさん分泌されるので、
この時間帯に寝ていなかったり、睡眠時間が少ないと
成長ホルモンの恩恵を受けることができず、髪の成長を阻害してしまいます。

また、睡眠時間が足りないと自律神経が崩れ、ホルモンバランスが乱れます。
すると男性ホルモンの分泌が多くなり、皮脂の過剰分泌を引き起こします。
皮脂が多くなってしまうと毛穴が詰まりやすくなるので、抜け毛も当然増えます。

偏った食生活

コンビニ弁当やスーパーのお惣菜、ファーストフードばかり食べている人はいませんか?
こんな食生活を続けていたらいつか薄毛になってしまいます。
髪の成長に必要な栄養をしっかりと摂らないと薄毛を引き起こしたり、
悪化させてしまうので注意しましょう。

中でも気をつけたいのが肉やお菓子を好む人です。
脂肪分の多い食べ物や糖分の多い食べ物は皮脂の分泌を促し、頭皮状態を悪化させます。
さらにこういった食べ物をたくさん食べていると血液がドロドロになり、
栄養を頭皮に届けるのが難しくなります。

ストレス

ストレスが抜け毛を引き起こすのは有名な話です。
過度なストレスを受け続けると血管が収縮して、血流が悪くなります。
血流が悪くなると髪の成長に必要な栄養を頭皮に届けることができず、
すぐに抜けてしまうような弱々しい髪しか生えてきません。

また、ストレスはホルモンバランスにも影響を与え、男性ホルモンの分泌を高めます。
男性ホルモンの分泌が活発になると皮脂の過剰分泌が起こり、
毛穴が詰まりやすくなります。

なるべくストレスを溜めない生活をすること、
ストレスを上手に発散することが薄毛対策に繋がります。

運動不足

社会人になると体を動かす機会が減ってしまうので、運動不足になりがちです。
しかし、抜け毛を減らしたいのであれば意識して体を動かしてください。

体を動かさないと筋肉が凝り固まり、血行が悪くなります。
血行が悪くなれば髪に栄養が届きにくくなるので、抜け毛が増えてしまいます。
運動不足は髪だけではなく、体にも悪いので、日頃から体を動かすようにしてください。

「薄毛の原因」の他の記事へのリンク:

男性ホルモンの影響| 生活習慣の乱れ| 間違った薄毛対策

ページの先頭へ戻る