薄毛の原因

  • TOP
  • 薄毛の原因
  • 男性ホルモンの影響

男性ホルモンの影響

成人男性の薄毛の原因は色々考えられますが、中でも多いのが男性ホルモンによるものです。
男性ホルモンのテストステロンと呼ばれる物質が薄毛と深く関係しています。
とはいってもテストステロンは男性らしい体を作る大事な物質であり、
これ自体が薄毛を引き起こすわけではありません。

毛乳頭には5aリダクターゼという酵素が潜んでいて、テストステロンとくっつくことで
ジヒドロテストステロンという物質が発生します。
このジヒドロテストステロンが薄毛を引き起こすのです。

ジヒドロテストステロンは非常に強い男性ホルモンで、
皮脂の分泌を促進させる働きを持っています。
皮脂の分泌が多くなると発毛を阻害され、ヘアイサクルが短くなります。
その結果、髪の毛がきちんと成長する前に抜け落ちて、髪のボリュームが減少しますし、
全体的に細く弱々しい髪の毛が目立ちます。
このように男性ホルモンの影響によって生じる薄毛のことを
AGA(男性型脱毛症)と呼びます。

そして、AGAにはある特徴があります。
それは脱毛の進行パターンです。
5aリダクターゼは頭頂部や額の生え際から多く分泌されているため、
AGAの場合はこの2箇所から薄くなっていきます。
仮に頭頂部や額の生え際の抜け毛が目立つ場合、AGAの可能性が高いと考えていいでしょう。

AGAは一気に薄くなるわけではなく、徐々に薄くなるのも特徴です。
一気に薄くなるなら危機感を持つことができますが、
少しずつなので気にせず、放置する人も少なくありません。
しかし、自然に治るものではないため、放置すればするほどますます薄くなっていきます。
気付いた時にはかなり進行しているケースが多いので、早めの治療をおすすめします。

髪が抜けるともう生えてこないイメージが強いですが、
AGAの場合はヘアサイクルが乱れているだけなので、髪の毛自体は生えてきています。
肉眼では気づきにくいため、髪の毛の成長が止まってしまったように思いますが、
細い毛は生えているので安心してください。
しっかりと治療をすればAGAは改善できます。

また、一般的に成人男性に多いAGAですが、遺伝やストレス、生活習慣、食生活なども
関係しており、様々な要因が重なることで10代でも発症することがあります。
特に頭皮の皮脂の分泌が多い人、毛が細い人、短い抜け毛が目立つ人は要注意です。
このような人は若くてもAGAになる可能性があるといわれています。
早めにAGA治療をすれば治るので、恥ずかしがらずに薄毛治療院に行ってください。

「薄毛の原因」の他の記事へのリンク:

| 男性ホルモンの影響| 生活習慣の乱れ間違った薄毛対策

ページの先頭へ戻る